close

お問い合わせ

menu

文字サイズ

お問い合わせ

沿革

1963年(昭和38年) 表面処理プラントの製作を目的に、大阪市平野区加美東において創業者西田信憲が西田製作所を開設
1965年(昭和40年) 有限会社西田製作所として法人組織設立、資本金100万円
1966年(昭和41年) 初めて門型キャリア式自動めっき装置を製作
プッシャー式自動めっき装置の生産開始
この頃より自動表面処理装置を数多く納入する
1973年(昭和48年) 排水処理装置の生産開始
1979年(昭和54年) 表面処理業界以外の分野にも進出し、東芝及びシマノなどに様々な自動装置を納入する
1989年(平成元年) プリント基盤及び電子部品用でサイド走行型表面処理の生産開始
1990年(平成2年) 装置組立工場として大阪市平野区加美西に第二工場建設
1991年(平成3年) 自動クロメート処理装置開発
1993年(平成5年) エレベーター式リードフレーム用表面処理装置を開発し、多数海外へ輸出開始
1996年(平成8年) 安田産業との合同資本を解消し独立企業に再構築する
1997年(平成9年) 資本金を300万円に増資
1999年(平成11年) 新規事業として、競輪発送機を開発、各自治体へ納入開始
2001年(平成13年) 創業者西田信憲死去、代表取締役に西田純子就任
2002年(平成14年) 第二工場を増築する
株式会社中央製作所と技術協力体制を確立、様々な表面処理システムの開発に取り組む
2004年(平成16年) 資本金1000万円に増資、株式会社西田製作所に組織変更
2005年(平成17年) 業務拡大に伴い、大阪市平野区加美北にて第三工場の操業開始
2006年(平成18年) 装置組立量の増加に伴い第二工場を250m2→500m2へ建て替え生産量の拡大を図る
本社工場を改装
2007年(平成19年) 制御盤遠隔操作・監視システムを導入し、総括管理を開始
ISO9001を認証取得
「西友会」発足
2008年(平成20年) 取締役会長に西田純子就任
代表取締役に辻村健二就任
2009年(平成21年) 事業戦略見直しに伴い、第三工場を操業停止
2010年(平成22年) 名古屋市中川区に名古屋支店として工場を開設
2012年(平成24年) 名古屋支店、新社屋増設
2014年(平成26年) 名古屋支店を分社化、名西エンジニアリング株式会社を設立
2018年(平成30年) 代表取締役に宗山冬弥就任

ページトップへ戻る